スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


◇自宅で開業なら、学習塾ペガサス!
◇学習塾ペガサスの完全個別指導

飛耳長目
耳を飛ばし、目を長くせよ

通勤電車の隙間時間を使って、本を読むのですが、やっと、「松下村塾と吉田松陰(古川 薫著) 新日本教育図書」を読み終えました。精読すると時間がかかりますw

さて、吉田松陰は塾生たちによく「飛耳長目(ひじちょうもく)」ということを教えたそうです。「耳を飛ばし、目を長くせよ」とは、広い範囲に関心をいだいて、世の中の動きをなるべく詳しく知るという意味です。

正しい情勢をつかむには、あらゆる情勢が必要。
情勢を分析して、将来への見通しを立てる。


というアプローチは、科学的な方法であり、現代にも通用します。

最近は、インターネットで手軽に情報を得ることができますし、広く浅く知識を得て、自分なりに分析して理解し、見通しを立てる技術は重要になるでしょう。

情報リテラシーなんていいますかね・・・(^^)

自立学習と合わせて、一人でも多くの子どもたちに伝えたいことです。

◇自宅で開業なら、学習塾ペガサス!
◇学習塾ペガサスの完全個別指導

スポンサーサイト

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。