スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


◇自宅で開業なら、学習塾ペガサス!
◇学習塾ペガサスの完全個別指導

自分にできるのか
私に学習塾経営ができるのでしょうか?

このように開塾を決める前にお問い合わせをいただくことがあります。学習塾を考えているのだけれども、自信が持てない方は少なくありません。

現在、成功されている塾オーナー様、塾長様の多くも、

はじめは不安だった

とおっしゃいます。


思うのですが、発想を変えれば、

自分が本当に学習塾をやりたいのか試されている

と見ることができるのではないでしょうか。

試されていると書きましたが、自分で自分の可能性をどのようにか設定しようとしているのではないでしょうか。


私には学習塾はできるはずがない!

と思えば、もちろん塾はうまくいかないでしょうし、そもそも開塾には至らないでしょう。当たり前です(^^;;

逆に

私はたとえ多少の困難があろうとも、地域に貢献できる教育サービスを通して、独立経営を実現し、成功してみせる!

と強い信念があるならば、その信念が教育サービスの工夫・改善に変化し、生徒募集や費用対効果についても考えられる資質に変化するのではないでしょうか。

・・・今回は、ちょっと偉そうなことを書いてしまいました(^^;;

◇自宅で開業なら、学習塾ペガサス!
◇学習塾ペガサスの完全個別指導

スポンサーサイト
努力の人
今回は、世界の王、ジャイアンツ一本足打法の王貞治 氏のエピソードを紹介いたします。

王さんといえば、努力の人というイメージをお持ちかもしれません。しかし、最初から努力の人ではなかったそうです。

ジャイアンツに入団し、ピッチャーからバッターに転向した王さんは、最初の頃、あまり打てずに先行き不安を感じていたそうです。

その後、荒川博コーチの指導のもとで、一本足打法を生み出します。やがて、少しヒットが出たり、ホームランを打つようになると、王さんは自分から練習を始め、努力するようになります。

そして、通算本塁打数868本、世界のホームラン王 となりました。

努力は強いられるものではなく、自分にはできるという未来が見えてきてはじめて、自らするもの

私は、まさに↑を表している良い例ではないかと思います。

ペガサス学習塾はティーチングよりもコーチングを重視する塾です。さらに、矢矧晴一郎 氏監修の「ヤハギ・メソッド」を導入し、目標の設定、やる気向上を実現して参ります。

子ども達には大きな可能性がありますので、少しでもその可能性を引き出せれば素晴らしいと思います。

◇自宅で開業なら、学習塾ペガサス!
◇学習塾ペガサスの完全個別指導

考える勉強

先日、「スピード思考の技術 矢矧晴一郎 著(成美文庫)」を読みました。

その本でとても興味深い箇所がありました。それは、「考える勉強」です。

一般に勉強は「覚えては忘れる、忘れては覚える」の繰り返しですが、矢矧先生の「考える勉強」は以下のような方法で行います。

1.メモを取り、記録を取りながら勉強する
2.勉強内容を解きほぐし、組み立て直す
3.自分の考え、自分の意見を持つまで積極的に考える
4.最初に覚えたことや、他人の言葉を忘れるようにする



最近は、矢矧先生の本の影響か、メモをとって後で内容を振り返ることが多くなりました。

何が理解不足なのか、
何が頭で整理できていないのか


前よりも明確にわかるようになりました。

あとで知識の埋め合わせも的確にできるようになりましたし、何と言っても「メモを書きながら改善案が思いつく」こともあるので確かにメモ取りは効果大だと思います(^^)

それにしても私は、この「考える勉強」を知るにあたり、次のことと似ているな?と思いました。

それは、

守破離

です。


「守破離」とは、物事を習得する上での段階を三つに分けた言葉です。

「守」とは、師匠の教えを正確かつ忠実に守り、基本の作法、礼法、技法を身に付ける、いわば「学び」の段階をいいます。

「破」とは、それまで身に付けた技や形をさらに洗練させ、自己の個性を創造する段階をいいます。

「離」とは、さらに前進させ、自らの新しい独自の道を確立させる最終段階のことをいいます。

上記の「考える勉強」の

「1.」は、「守」にあたり、
「2.」「3.」は「破」にあたり、
「4.」は「離」にあたる

のではないかと思いました。

ということで、「守破離」勉強法 とちょっとの期間呼ぶかもしれません(^^)

◇自宅で開業なら、学習塾ペガサス!
◇学習塾ペガサスの完全個別指導

成功した人

たまに「成功したいな?」とか、「成功する!」などの言葉を聞くことがありますが、そもそも「成功」とは何なのでしょう?

価値観は人それぞれですから、何を「成功」と呼ぶかは、人それぞれかもしれません。

しかしながら、自分も含めてですが、成功した人の声を知ることによって、ひょっとしたら自分の中で成功の定義が明確になるかもしれません(^^)

そこで、今回は「成功した人」の定義について、『その他大勢から抜け出す成功法則(斉藤 孝著)』からの引用です。

成功した人は、健康に暮らし、よく笑い、よく愛する。

真の女性から信頼され、教養ある男性から尊敬され、子供たちから慕われる。

得意な分野で仕事を成し遂げ、
当人が生まれたときよりも住みやすい世界をつくり上げてからこの世を去る。

地球の美しさを賞賛し、それを表現することを忘れることがなく、
常に相手から最高の部分を引き出し、自分の最高のものを与える。

その人生は創造的刺激に満ち、その思い出は祝福である。



読むと、場面や情景が思い浮かびませんか?
教育という分野には何かその可能性がリアルに感じられませんか? (^^)

◇自宅で開業なら、学習塾ペガサス!
◇学習塾ペガサスの完全個別指導

これから必要とされる人材

これからの社会は「よく詰まった頭脳」より「よく働く頭脳」に属する人物を必要としている。求められているのは、「官僚型」より「企業家型」の人物である。


渡辺昇一氏のお言葉なのですが、これからの時代はまさにそうだな?と思います。

例えば、インターネットを使えば、知りたいことは検索で簡単にすばやく調べることができますし、

「よく詰まった頭脳」よりも、「ほしい情報を得るためにどのような検索アプローチをとればよいのか」という「よく働く頭脳」の方が重要なことがわかります。

これからコンピュータがどんどん発達して便利になるでしょうが、そうなってくると単純労働する方よりも、企画戦略を立案する方がますます重宝されるのかもしれません。


「よく詰まった頭脳」より「よく働く頭脳」

という言葉は、自分の仕事を見直す上で、とても重みのある言葉です。

皆さんも、自分の仕事について考えてみると、面白い発見があるかもしれません(^^)

◇自宅で開業なら、学習塾ペガサス!
◇学習塾ペガサスの完全個別指導

スポーツクラブの視点

スポーツクラブにとって、子ども達は「お客様」です。
子ども達に来てもらえなければ、経営が成り立ちません。


あるスポーツクラブのオーナーの言葉です。

「スポーツクラブ」を「塾」に置き換えると・・・(^^)
あらためて確認しておきたいので紹介させていただきます。

このオーナーの言葉には続きがあるのですが、

●子ども達にも親達にも喜んでもらえるよう、
  楽しんでもらえるよう、工夫し努力する。

●実質的に成果が上がるよう、内容を試行錯誤する。

●他のスポーツクラブとの競争もあれば、合同の交流会や大会もある。

●親達の注文にていねいに応じ、ていねいに子どもを見る。

●親も子どもも自分に合わないと思えば、いくらでも他の教室に
  切り換えることができる。


学習塾では、「合同の交流会や大会」は「全国模試」くらいの意味合いになりましょうか。

スポーツクラブですが、塾と同じく子どもを対象にした経営なので、
そのまま有益な言葉に置き換えることができますね(*^.^*)


◇自宅で開業なら、学習塾ペガサス!
◇学習塾ペガサスの完全個別指導

脱3日ボウズ
今年に入って、矢矧晴一郎 先生の本を数冊読んで思ったのですが、

継続できればよい習慣がつき、成功するといった話が書いてある本

は世の中、多いですが、

・どうやってモチベーションを保つのか(3日ボウズに終わらない)
・どのようにして具体的にゴールをめざすのか

などについて、誰にでも取り組みやすい方法で説明している、矢矧先生が書かれるような本って少ないのじゃないかなと思います。

個人的には昔から成功哲学系や自己啓発関連の本は好きで、いろいろと読みましたが、読んだ直後に

これなら行ける!

と思っても、3日後にはいつも通りぃ? みたいなことは多かったです(^^;;
考えてみれば、成功哲学系の本は著者の成功体験の紹介でもあるので、マッチしない場合だって当然にしてあり得る話ですから、当たり前なのかもしれませんねw

それにしても、続かないのはなぜでしょうか?
ちょっと考えてみてください。



私の経験から考えるに、それは「目標に対して具体性が弱かったから」だと思います。目標設定のスキルが低いからと言えるのかもしれません。


ところで、矢矧先生のやり方では、意志や熱い想い、夢を含んだ「目標」に対して「数字」を落とし込みます。

数字を落とし込むと、その落とし込む作業自体も新鮮で得るものが多いのですが、何と言っても、

・継続していくなかで、自分が目標に対してどの位置にいるのか、
・あと、どのくらいやればよいのか


などが、具体的にわかる点がメリットとして大きいです。

毎日、自分のめざす「目標」に向かって進める数字向上活動は、ゲームのようでもあり、モチベーション維持としての側面もあります。そして、何よりも「結果」を数値化して出し続ける作業が、ペガサスでいうところのアウトプット学習だということにも気付きます。

つまり、「勉強した気分」で終わることなく、実力をつけていける  ということです。

まだまだ、目標設定のスキルは低いのですが、教育研究という側面も意識しつつ、そのスキルを向上させていこうと思います。

◇自宅で開業なら、学習塾ペガサス!
◇学習塾ペガサスの完全個別指導

勉強の因果関係
ペガサスでは、インプット学習とかアウトプット学習といった言葉を使いますが、勉強にも因果関係をあてはめられるな?ふと思いました。

「見る、読む、聞く、書き写す」などのインプット学習を「原因」と考え、「解答、話す、書きまとめる」などのアウトプット学習を「結果」と考えます。

そのように考えると、ペガサス学習システムは「原因」→「結果」を短期連続的に繰り返していることに気付きます。

一般に「勉強しているのに成績が伸びない」という子どもは、「原因」だけで終わっているケースが多く、「結果」までに結びつけることをあまりしてません。自分も含めてそうなのですが、「原因」だけで勉強したことになってしまうから要注意ですね(^^;;

まとめますと、

1.結果を思い描く(目標設定)

  ↓

2.インプット学習(原因)

  ↓

3.アウトプット学習(結果)

  ↓

また、1へ(繰り返し)




となりましょうか(^^)

この流れは、社会人になっても変わることではないですし、生涯学習と考えれば小中学生の時期に確実に身につけておきたいものです。

まず、塾オーナーが実践してその確かさを実感し、子ども達に伝える・・・。指導者、教育者としてはとても大切な要素のように思います。

◇自宅で開業なら、学習塾ペガサス!
◇学習塾ペガサスの完全個別指導

自己改革
『大事なことは「30秒」で話せる (矢矧清一郎 著)成美文庫』から引用で、自己改革について書きたいと思います。

具体的で現在の自分の位置もわかり、ステップアップするには良いのかもしれません(^^)


[自己評価をするためのチェックリストと評価点]

1.自知(自分をよく知る)・・・10点

2.自省(自分を深く反省する)・・・20点

3.自立(自分で強く立つ)・・・30点

4.自律(自分を上手にコントロールする)・・・40点

5.自活(自分で生活を立てる)・・・50点

6.自責(自己責任をよく果たす)・・・60点

7.自愛(自分を真に愛する)・・・70点

8.自信(自信を本当に持つ)・・・80点

9.自改(自分を根本的に改める)・・・90点

10.自開(自分を他に広く開く)・・・100点

11.自果(自分で思い通りの結果を出す)・・・110点

12.自在(自由自在に生きる)・・・120点



さて、皆さんは何点でしょうか?

私は・・・( ┰_┰) シクシク  秘密にしておきます(*^^*)


上記のチェックリストであれば、何年後に何点にしたいのか、
死ぬまでにどこまで行きたいかを目標設定できます。

塾経営を行っていると、自己改革の必要性を感じることもあるかもしれません。
一皮むけたとき、きっとより素晴らしい教育者になっているでしょう!(^^)

◇自宅で開業なら、学習塾ペガサス!
◇学習塾ペガサスの完全個別指導

原点回帰
今一度、学習塾について考えてみたいと思います。

■学習塾が学校よりも優れている点(原点回帰)

・カリキュラムに対する考え方が効率的で有効的
・学校よりもよく分かる授業
・学校よりも学力が向上する授業
・学校よりも楽しい授業


特に学校を敵視するわけではないのですが、学校と同じことをやっていても存在価値、立場を明確にできませんので、あえて書きました。


そして、学校も塾も教育というグランドですから、

人は生まれたときから人であるのではありません。
人間としての教育を受けてはじめて、人になるのです。

               ソニー 井深大



も忘れず・・・にということになりましょうか。

嘘偽りのない、本物教育を進めていきましょう!

◇自宅で開業なら、学習塾ペガサス!
◇学習塾ペガサスの完全個別指導

インドの教育方式
「インドの教育は本当に恐ろしい」
「おかげでうちの子が同じ年頃の子どもたちよりはるかに水準が高い」

幼稚園よりインドの教育方式で学んでいる子を持つ親の声です。

インドといえば、2ケタ×2ケタの掛け算などの算術で本なども多く出版されて有名になりました。

2007年12月に発表された日本の子供たちの学業習熟度の下落もあり、危機意識が加速化したこともあってか、保守的で有名な文部科学省もインドの教育方式に関心を持ち始めたとも言われています。

教育方針を見失った形になった日本ですが、実はインドの教育は過去の日本の教育と似ているという点には衝撃を受けます。

早期教育、機械的暗記、数学、科学に対する関心

などです。

ソフトウエア開発とインターネット、知識集約事業で成功したインド。
日本は、過去の教育の良かった点も再確認しながら、21世紀に合う教育を取り戻す必要があるのでしょう。


日本の数学力が世界的に高水準だったのは、学習塾があったから

あるテレビ番組で教育専門家が言っていました。通塾率も高まっていることもありますので、塾における教育は責任感・やりがいがますます高まってきます。

嘘偽りのない、本物教育を進めたいものです(^^)

◇自宅で開業なら、学習塾ペガサス!
◇学習塾ペガサスの完全個別指導

下地をつくる

どんな分野であれ、子どもが自発的に力をつけていけるような
下地をつくってやることが親の役目であり、その結果自然に
もたらされるのが本当の成功である



これは「世界のソニー」を作り上げた井深大 氏の言葉です。井深氏は生前、ソニーを作り上げる一方で、幼児教育に情熱を傾けた人でした。

戦後、日本が物質的に豊かになるにつれて、心の豊かさが失われていくという状況に強い危機感を抱いたからだそうです。

人づくりこそ豊かな日本をつくるための最重要課題

と痛切に感じておられたそうです。教育に関わる我々にとって、とても重たいお言葉ではないかと思います。


そんな井深氏がちょっとマイブームなのですが、(^^)

井深大の「教育論」 二十一世紀を生きるすべての日本人へ(井深大 著)

を読んでいます。

教育勅語と教育基本法の話から、19の企てをもって、わが国の持っている非常に理想的なものをつぶそうとかかってくる強い勢力の話など、とてもためになる内容です。

教育の根本問題として、戦前・戦後の転換期におけるわが国の「教育」の変化が大きいようですが、国レベルの話は大きすぎますし、具体性にかけるところもあるので、塾という分野において教育に関わる一人としては、時代のニーズ、流れに沿ったもので、冒頭の「子どもが自発的に力をつけていけるような下地をつくってやる」を忘れずに、

民間だからこそできる、差別化された教育サービス

をもっと洗練させていけたらと思っています(^^)

◇自宅で開業なら、学習塾ペガサス!
◇学習塾ペガサスの完全個別指導

重要な3つ
人生戦略でいつからでも「なりたい自分」になれる 矢矧清一郎 著

より、感動した部分を引用したいと思います。

矢矧先生が40歳のころ、仕事でアメリカに滞在中に野村證券の奥村綱雄 氏から
聞かれた内容です。

「今から、おまえが将来大物になるかどうかのテストをしてやる。
いいか、よく聞け。第一問。おまえは牢屋に入ったことはあるか?」

「第二問。おまえは夜逃げをしたことがあるか?」

「第三問。おまえは大病をしたことがあるか?」

矢矧先生は、若いときに肺結核で死ぬ寸前のご経験をお持ちだったので、
第三問は「ある」とお答えになっています。

さて、この質問ですが、奥村氏が教えようとしたことは、

人生の「どん底」を体験した人間は大物になれる

ということです。少なくとも大物と呼ばれる方は、共通項として中途半端な
経験をしていないのだろうと思いました。

そして、若き頃の矢矧先生に向けたソニーの井深大 氏のお言葉。

「自分の考えを持たないで本を読んでもしょうがないよ」

この言葉は、自分にとても響きました。自分の考えを産み出したいから本を読んで知識をつけようと思っていますが、ある程度の情報を頭にインプットしたら、「自分の考え」を整理して本に向かう姿勢が大切なのだろうと思いました。オリジナル性、方向性が定まらないからだろうと思います。

そして、矢矧先生がまとめられた重要な3つ。


いつも自分が一番苦しかった時のことを胸に抱いて、全身全霊で生きていけ!

他人の考えを簡単に受け入れるな。いつも自分の考えを貫き通し、自分の考えを磨きぬけ!

いつも自分の潜在能力を信じて生きろ。自分の個性を最大限に発揮するのだ!



苦しいことから逃げる意識ばかり・・・
苦しいことが過ぎたら、それを忘れて生きる・・・

そんなところが自分にあるからか、この言葉にとても感動しました。
(「若い時の苦労は買ってでもせよ」ともリンクしました(^^;; )

苦しみは大変なのですが、苦しいだけではないのは確実です。
逆にそのように考えて行動しないと「苦しみ」そのものに何の意味もなくなってしまいます。

塾経営においても、時に生徒の成績や保護者とのやり取り、経営状況など、いろいろな苦しみがあろうかと思います。ぜひ、何かの参考になればと思い、今回は紹介させていただきました。

ピンときた方は、きっとある方向に向かって、好転してくるのではないかなと思っていますw

◇自宅で開業なら、学習塾ペガサス!
◇学習塾ペガサスの完全個別指導

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。