スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


◇自宅で開業なら、学習塾ペガサス!
◇学習塾ペガサスの完全個別指導

重要な3つ
人生戦略でいつからでも「なりたい自分」になれる 矢矧清一郎 著

より、感動した部分を引用したいと思います。

矢矧先生が40歳のころ、仕事でアメリカに滞在中に野村證券の奥村綱雄 氏から
聞かれた内容です。

「今から、おまえが将来大物になるかどうかのテストをしてやる。
いいか、よく聞け。第一問。おまえは牢屋に入ったことはあるか?」

「第二問。おまえは夜逃げをしたことがあるか?」

「第三問。おまえは大病をしたことがあるか?」

矢矧先生は、若いときに肺結核で死ぬ寸前のご経験をお持ちだったので、
第三問は「ある」とお答えになっています。

さて、この質問ですが、奥村氏が教えようとしたことは、

人生の「どん底」を体験した人間は大物になれる

ということです。少なくとも大物と呼ばれる方は、共通項として中途半端な
経験をしていないのだろうと思いました。

そして、若き頃の矢矧先生に向けたソニーの井深大 氏のお言葉。

「自分の考えを持たないで本を読んでもしょうがないよ」

この言葉は、自分にとても響きました。自分の考えを産み出したいから本を読んで知識をつけようと思っていますが、ある程度の情報を頭にインプットしたら、「自分の考え」を整理して本に向かう姿勢が大切なのだろうと思いました。オリジナル性、方向性が定まらないからだろうと思います。

そして、矢矧先生がまとめられた重要な3つ。


いつも自分が一番苦しかった時のことを胸に抱いて、全身全霊で生きていけ!

他人の考えを簡単に受け入れるな。いつも自分の考えを貫き通し、自分の考えを磨きぬけ!

いつも自分の潜在能力を信じて生きろ。自分の個性を最大限に発揮するのだ!



苦しいことから逃げる意識ばかり・・・
苦しいことが過ぎたら、それを忘れて生きる・・・

そんなところが自分にあるからか、この言葉にとても感動しました。
(「若い時の苦労は買ってでもせよ」ともリンクしました(^^;; )

苦しみは大変なのですが、苦しいだけではないのは確実です。
逆にそのように考えて行動しないと「苦しみ」そのものに何の意味もなくなってしまいます。

塾経営においても、時に生徒の成績や保護者とのやり取り、経営状況など、いろいろな苦しみがあろうかと思います。ぜひ、何かの参考になればと思い、今回は紹介させていただきました。

ピンときた方は、きっとある方向に向かって、好転してくるのではないかなと思っていますw
スポンサーサイト


◇自宅で開業なら、学習塾ペガサス!
◇学習塾ペガサスの完全個別指導

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。