スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


◇自宅で開業なら、学習塾ペガサス!
◇学習塾ペガサスの完全個別指導

本の読み方
さて、今回は「本の読み方」についてです。皆さんは、本をどのように読んでいますか?

多くの方は、本のタイトルを見て、目次を見て、本文に入っていくかと思います。私もそうでした。

中には、「はじめに」と「終わりに」を読み、大意をつかんでから本文を読み始める人もいらっしゃるかもしれません。


こんな方はいらっしゃるでしょうか。

1)本を読む前に自分に何が不足し、必要なのかを詳細に決める
2)成果を上げるために必要なキーワードを具体的に決める
3)本屋もしくは図書館などに行き、目的をとげる本を探す
4)本の中の必要な箇所だけを読む


実はこのやり方は、矢矧清一郎先生の読書アプローチなのですが、時間当たりの成果としては、かなり効率的な読書法です。(※読書法の詳細については、『自分を超える「スピードアップ」勉強法 矢矧晴一郎 (著)』をご参照ください。)


自分なりにこの読書法について考えてみるのですが、本一冊一冊を「ホームページ」と考えてみてはいかがでしょうか。

ホームページの閲覧では、予め「ある情報を得る」という、目標を設定した読み方をするかと思いますが、リアルの本についても、ホームページと同様に考えてみるのです。

最初から順にページを進めて本を読むのも良いのですが、

時間当たりの成果主義読書

をしたい場合には、キーワードに焦点を絞った読書法が有効です。
スポンサーサイト


◇自宅で開業なら、学習塾ペガサス!
◇学習塾ペガサスの完全個別指導

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。