スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


◇自宅で開業なら、学習塾ペガサス!
◇学習塾ペガサスの完全個別指導

宿題との付き合い
自宅で無事開業し、経営スタートすると、やがて「宿題」について相談を受けることが出てくるかと思います。宿題が多いから、塾でやっていいかと言われることが多いです。返答は、その塾の考え方によるところだと思いますが、以下のようなデータがあるので、参考までに。

■学校の宿題はどのくらい出ているのか

ベネッセ教育研究開発センターが昨年夏に行った調査によれば、小学校高学年の場合、毎日宿題を出す学校の先生の割合は93.3%で、必要時間は40.5分とのことです。

【毎日宿題を出す学校教師の割合】
 小学校低学年 96.3%
 小学校中学年 94.4%
 小学校高学年 93.3%

【1日当りの宿題の量】
 小学校低学年 26.9分
 小学校中学年 34.9分
 小学校高学年 40.5分

同じ調査が98年にも行われていますが、割合も分量も10年前と比べて増加しています。以下は98年調査の結果。

【毎日宿題を出す学校教師の割合】
 小学校低学年 87.3%
 小学校中学年 85.1%
 小学校高学年 82.1%

【1日当りの宿題の量】
 小学校低学年 22.0分
 小学校中学年 28.1分
 小学校高学年 31.5分


さて、この調査結果をビジネスにどう活かしますか。現在、経営されている塾周辺の状況は概ねこのデータに沿うものなのか調査が必要とは思いますが、考える価値はありそうです。

宿題の手伝いをしてあげる毎日講座、学校の宿題負担が大きいので塾では宿題ナシにするか、「宿題終わりましたか?」と毎日、電話をかけるサービスを始めるか。考え方、いろいろありそうです。
スポンサーサイト


◇自宅で開業なら、学習塾ペガサス!
◇学習塾ペガサスの完全個別指導

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。