スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


◇自宅で開業なら、学習塾ペガサス!
◇学習塾ペガサスの完全個別指導

学習塾経営の醍醐味
学習塾経営の醍醐味、それは生徒の成長の手助けを出来ることです。しかもリアルタイムで共有できることだと思います。

言うことを聞けない子、落ち着きがない子、わがままな子・・・正直、預かる子供の中には、扱うにはとても大変なケースもあります。しかし、そんな子供たちにとっては人生に大きな影響を及ぼしうる時期でもあるので、考えようによってはとてもやりがいのある、そして責任の重い仕事でもあります。

◇自宅で開業なら、学習塾ペガサス!
◇学習塾ペガサスの完全個別指導

心の奥から本当に自分の好きなこと
いきなりですが、皆さんは、心の奥から本当に自分の好きなことが何か言えますか?

何でこんなことを書くのかといいますと、夢実現プログラムを矢矧晴一郎先生監修のもとに
開発着手するようになって、そういえば、自分の夢って何だろう? と考えるようになったからです。

以前、矢矧先生に次のような質問しました。

自分が命をかけるほどに情熱を持てる夢を見つけるのに何かヒントはあるのでしょうか?

矢矧先生は、即答してくれました。それは、「好きなことをやる」でした。

好きなことを見つけて、それを膨らませていくのだと解釈しました。好きなことにコツコツと付加価値を積み上げていくのだろうと思いました。

その積み上げには「こつ」が必要で、それが「学習(勉強)」にあたるのではないか、と考えるようになりました。

まとめますと、「こつ(=学習)」と考えて

好きなことから夢まで膨らまし、「こつ・コツコツ」と毎日を生きる

ということになりましょうか(^・^)

すでに夢を明確にお持ちの方は、たぶん、夢に向かって、「こつ・コツコツ」と毎日を過ごされていることだと思います。きっと、夢が実現するでしょう(^^)

塾経営を成功する夢をお持ちの方は、毎日、教育や経営の「こつ」を学ばれているかと思います。そして、成功するでしょう。

◇自宅で開業なら、学習塾ペガサス!
◇学習塾ペガサスの完全個別指導

脱3日ボウズ
今年に入って、矢矧晴一郎 先生の本を数冊読んで思ったのですが、

継続できればよい習慣がつき、成功するといった話が書いてある本

は世の中、多いですが、

・どうやってモチベーションを保つのか(3日ボウズに終わらない)
・どのようにして具体的にゴールをめざすのか

などについて、誰にでも取り組みやすい方法で説明している、矢矧先生が書かれるような本って少ないのじゃないかなと思います。

個人的には昔から成功哲学系や自己啓発関連の本は好きで、いろいろと読みましたが、読んだ直後に

これなら行ける!

と思っても、3日後にはいつも通りぃ? みたいなことは多かったです(^^;;
考えてみれば、成功哲学系の本は著者の成功体験の紹介でもあるので、マッチしない場合だって当然にしてあり得る話ですから、当たり前なのかもしれませんねw

それにしても、続かないのはなぜでしょうか?
ちょっと考えてみてください。



私の経験から考えるに、それは「目標に対して具体性が弱かったから」だと思います。目標設定のスキルが低いからと言えるのかもしれません。


ところで、矢矧先生のやり方では、意志や熱い想い、夢を含んだ「目標」に対して「数字」を落とし込みます。

数字を落とし込むと、その落とし込む作業自体も新鮮で得るものが多いのですが、何と言っても、

・継続していくなかで、自分が目標に対してどの位置にいるのか、
・あと、どのくらいやればよいのか


などが、具体的にわかる点がメリットとして大きいです。

毎日、自分のめざす「目標」に向かって進める数字向上活動は、ゲームのようでもあり、モチベーション維持としての側面もあります。そして、何よりも「結果」を数値化して出し続ける作業が、ペガサスでいうところのアウトプット学習だということにも気付きます。

つまり、「勉強した気分」で終わることなく、実力をつけていける  ということです。

まだまだ、目標設定のスキルは低いのですが、教育研究という側面も意識しつつ、そのスキルを向上させていこうと思います。

◇自宅で開業なら、学習塾ペガサス!
◇学習塾ペガサスの完全個別指導

ニュースの裏の広告
皆さんは、↓のようなニュースを聞いたことはありませんか?

1億円の福袋
2億円のクリスマスケーキ
20万円を超えるモノも・・・早くもおせち料理予約開始
50万円の「輪島塗」キーボード
1キロ30万円の銘茶
世界8台限定の超セレブ携帯電話。価格4,050万円


誰がそんなものを買うんじゃ!
世界の大金持ちが買うんだろう・・・

と思ってしまうのですが、こういう手法も実は立派な広告なのです。

自社の普通の商品が売れるためには、まず目立たなければいけない

という発想にもとづいています。

人々の関心を集め、クチコミにも乗りやすくなり、高額な商品や変わったサービスなどが「見せ筋商品」となって、テレビや新聞などのメディアで放送されます。

そして、本来、売りたい商品やサービスが売れる好循環を生む仕組みになっています。

学習塾でも生徒募集でチラシなどを使いますから、上記ほどのインパクトは難しくとも、目新しかったり、季節感を感じたり、驚きや発見があったりする「仕掛け」を練るスキルは日々磨く必要があろうかと思います。

◇自宅で開業なら、学習塾ペガサス!
◇学習塾ペガサスの完全個別指導

時間がないは腕の見せ所
皆さんは、「時間がない」と言うことはありますか?
実は私はたまに言うことがあります(^^)

こういう時は、だいたい

自分の身の回りの行動を見直しなさい

のシグナルかな?と思っています。

「時間がない」ということは、「処理速度が遅い」からかもしれません。パソコンの世界で例えるなら、その原因の一つに「空き領域の断片化」が考えられます。

パソコンでは記憶装置内のファイルを先頭から再配置し、空き領域の断片化を解消する、デフラグという処理がありますが、人間では、身の回りの仕事や行動を見直し、本当に必要なことを最大効率で処理するために考える ということになりましょうか。

経験的に、仕事内容が変わるときや子どもの成長に合わせて私は「脳内デフラグ」が必要になるようです。

毎晩の睡眠で「デフラグ」が働けばいいのですがね?(*^^)


私の場合、「読書の時間がない」と思うことがあります。

でも、考えてみれば隙間時間には細切れでも読書する時間があるもんです。

電車を待つ時間
通勤電車内
家族で買い物に行った際の駐車場での時間
会社での休憩時間

もっと考えれば、本当に読むに値する本なのか、ということも考えてもよいかもしれません。最適化のためにはw

目次だけを読んで、ピンときた箇所だけを読むってのもありかもしれません。

以上のように「時間がない」で終わるのではなく、その後、どう工夫するのか・・・が重要なんだなと思うのでした。(睡眠時間を削るのは、とっておきにしていますw)

学習塾の授業や指導についても、「時間がない」ということがあるかと思います。
どう工夫するか・・・これは塾長の腕の見せ所なのかもしれませんね(^^)

◇自宅で開業なら、学習塾ペガサス!
◇学習塾ペガサスの完全個別指導

前のページ 次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。