スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


◇自宅で開業なら、学習塾ペガサス!
◇学習塾ペガサスの完全個別指導

2時間半以上の勉強
「早寝早起き朝ごはん」「百マス計算」で有名な陰山英男先生のホームページで知ったのですが、小学生の場合、2時間半以上勉強すると、勉強効率が良くなるどころか、かえって落ちてくることがはっきりとデータ分析でわかったとのことです。

それでは、実際に何時間ぐらい学習をすれば良いのか?

目安としては、『学年×20分を学習時間』という考え方があるそうです。例えば、小学校高学年の場合だと、6(年)×20(分)=120(分)なので、だいたい2時間程度が一番良いということになります。

おそらく、塾や家庭教師の授業でも同じでしょうから、いかに短時間で高能率な指導ができるかがポイントになるかと思います。やはりパソコンを使った学習がキーのように思います。

◇自宅で開業なら、学習塾ペガサス!
◇学習塾ペガサスの完全個別指導

不合格になる勉強方法
これまで塾講師を通して思う、不合格になる勉強方法は次の3点です。当てはまる場合は、要注意ですよ(^^)

 1. ひとつのことが終わると、次に何をすればいいのか自分で決められない。
   (先生に「次は何をすればいいですか」と聞く。)

 2. カンを使って答えを書く。正解した場合、カンで当たったのにできた気分になる。

 3. よくわからないのに一生懸命書き写してわかったような気になっている。



上記のような傾向にある子どもたちにどれだけ「自ら学ぶ姿勢」を教育できるかに、とてもやりがいを感じますし、子どもが積極的に勉強するようになれば、成績が上がるのはもちろんですが、何よりも子どもの生活態度ややる気の変化を目の当たりにできる喜びがあります。

子どもも先生も精神的にハッピーになれるチャンスが教育にはあります(^^)

◇自宅で開業なら、学習塾ペガサス!
◇学習塾ペガサスの完全個別指導

前のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。